« デキる人は「言い回し」が凄い/日本語力向上会議 | トップページ | 探偵の探偵/松岡圭祐 »

2017年10月14日 (土)

人はなぜ不倫をするのか/亀山早苗

Photo 人類学の観点からすると、愛は4年で終わると言われています。人類学者ヘレン・フィッシャー博士が書いたベストセラー『愛はなぜ終わるのか』の中でも、「愛は4年で終わる」と書かれています。自然の中にある動物界では、オスとメスの関係は一時的なものだそうです。自然界の営みを人間にあてはめると、出産・子育てが一段落するのが4年ということなのでしょう。こうした観点で考えると、生物として不倫するのは、わかるような気がします。

最近、芸能人や政治家の不倫が度々週刊誌やテレビのワイドショーで取り上げられ、話題となっている。

特に政治家にとって不倫は死活問題につながる。

「国民の税金を使って不倫するとは」と非難轟々。

結局、「辞めてしまえ」となる。

本書は、「不倫」について女性学、昆虫学、動物行動学・・・等々、様々な分野の専門家が論じている。

例えば、一夫一妻という形をとる動物は、哺乳類で3~5パーセント程度しかいないといわれている。

哺乳類では、一対一で夫婦関係があるほうが珍しい。

人間に近い類人猿でいえば、チンパンジーは乱婚的、ゴリラは一夫多妻。

テナガザルだけが一夫一妻。

だから、一夫一妻という形態そのものに無理がある。

これが哺乳類の世界。

よって、「人はなぜ不倫をしないのかのほうが不思議」という学者もいる。

また、その前段階として、「人はなぜ結婚という守れない約束をするのか、がもっと不思議」だという。

また、動物は自分の遺伝子の全滅を防ぐために、本能的に多様な遺伝子を残そうとする。

そのための浮気は動物にとって本能で、これを倫理で語ることはできないというのである。

ただ、人間と他の動物との違いも倫理があるということも言える。

いずれにしても、「不倫」は「そこにある事実」である。

良い悪いは別にして。

« デキる人は「言い回し」が凄い/日本語力向上会議 | トップページ | 探偵の探偵/松岡圭祐 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555602/65886921

この記事へのトラックバック一覧です: 人はなぜ不倫をするのか/亀山早苗:

« デキる人は「言い回し」が凄い/日本語力向上会議 | トップページ | 探偵の探偵/松岡圭祐 »