« 世界基準の上司/赤羽 雄二 | トップページ | なぜあの会社の社員は、「生産性」が高いのか?/望月禎彦、高橋恭介 »

2017年10月27日 (金)

成長企業のためのワークスタイル変革教本Vol.1

Vol1 マネジメントの仕事とは、極論すればマネジメントをしなくても自分の担当部署の通常業務が回るようにすることでしょう。

この言葉、マネジメントの本質をついている。

「その人がいなくちゃ困る」という状況をなるべく作り出さないようにするのがマネジメントである。

もちろん「その人しかできない付加価値の高い仕事」もあるが、ルーチン業務は上司が休んでも問題なく回るようにしなければダメだ。

現場のルーチンが回らなくなるのは、マネジャーの職務怠慢である。

そして、現場の仕事の大部分はルーチンの仕事である。

そのために、普段からマネジャーは部下を育成し、仕事が回る仕組を作る。

部下が育てば、マネジャーがいなくても現場が回るようになる。

現場がマネジャーがいなくても回るようになって初めて、マネジャーは新たな付加価値の高い仕事に取り組むことができるようになる。

ところが多くの場合、マネジャーが一番多忙だ。

マネジャーは現場から離れられない。

その意味では多くのマネジャーは仕事をしていないと言われても仕方ないのではないだろうか。

« 世界基準の上司/赤羽 雄二 | トップページ | なぜあの会社の社員は、「生産性」が高いのか?/望月禎彦、高橋恭介 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555602/65939001

この記事へのトラックバック一覧です: 成長企業のためのワークスタイル変革教本Vol.1:

« 世界基準の上司/赤羽 雄二 | トップページ | なぜあの会社の社員は、「生産性」が高いのか?/望月禎彦、高橋恭介 »