« 「すぐ不安になってしまう」が一瞬で消える方法/大嶋信頼 | トップページ | 魔法のNLP実践トレーニング/椎名規夫 »

2017年11月14日 (火)

シリコンバレー式 最強の育て方/世古詞一

Photo 革新的なベンチャー企業や世界的有名企業が本社を構える米国のシリコンバレーでは、上司と部下とのコミュニケーションで1on1ミーティングというカルチャーが当たり前になっています。上司と部下が週に1回、30分~1時間程度「必ず」1対1の面談を行うのです。

シリコンバレーでは上司と部下が週に1回、1対1の面談を行っているという。

今は変化が激しく、スピードが求められる時代である。

そんな中、よくそんな時間があるものだ、と思いがちだが、実は逆である。

変化が激しいからこそ、現場に一番遠い位置にいるトップの言う通りにやっていたのでは変化に対応できない。

現場の社員が自律的に考え、行動しなければならない。

しかし、だからといって現場が勝手にやっていいということではない。

やはり、根本となる考え方は絶えず確認していなければならない。

「このような考え方で仕事をする必要がある」というすり合わせは上司と部下の間で絶えず話し合い確認する必要がある。

この根本的な考え方のすり合わせがあるので、上司は部下に仕事を任せることができるのである。

そのための週1の面談だということである。

面談に時間をかけても、その分部下が現場で自律的に働き成果をだすことができれば、その分時間的な余裕が生まれる。

また、組織の問題の大半は人間関係である。

人間関係の良い組織は生産性が高くなる。

そしてそれは1対1の面談を繰り返すことによって可能になる。

上司と部下との定期的な面談を制度として導入することを考えてもよいのではないだろうか。

« 「すぐ不安になってしまう」が一瞬で消える方法/大嶋信頼 | トップページ | 魔法のNLP実践トレーニング/椎名規夫 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555602/66013591

この記事へのトラックバック一覧です: シリコンバレー式 最強の育て方/世古詞一:

« 「すぐ不安になってしまう」が一瞬で消える方法/大嶋信頼 | トップページ | 魔法のNLP実践トレーニング/椎名規夫 »