« 魅せる技術/西松眞子 | トップページ | 動きたくて眠れなくなる。/池田貴将 »

2017年12月17日 (日)

張込み―傑作短編集(五)/松本清張

Photo ――貴紙を購読いたします。購読料を同封します。貴紙連載中の「野盗伝奇」という小説が面白そうですから、読んでみたいと思います。十九日付けの新聞からお送りください……。

表題作の「張込み」から順に、「顔」「声」「地方紙を買う女」「鬼畜」「一年半待て」「投影」「カルネアデスの舟板」の計8篇が収められている。

短編とはいえ、高い完成度であり、大部分はテレビドラマ化されている。

とりわけ印象に残ったのは、「地方紙を買う女」。

上記抜き書きは、この短編からのもの。

一人の女性の葉書を読んで、それを地方で起こった殺人事件と結びつける作家。

関係がないと思われるところを結びつけて、それを事件の解明に結びつける面白さが清張作品にはある。

一見なんのつながりもなさそうに見えたところに、ある関連性が浮かび上がってくる。

離れた点と点を結んで一つの線になる。

線と線が結びついて最後は大きな絵を描く。

この巧妙さは流石と言うほかない。

« 魅せる技術/西松眞子 | トップページ | 動きたくて眠れなくなる。/池田貴将 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555602/66150646

この記事へのトラックバック一覧です: 張込み―傑作短編集(五)/松本清張:

« 魅せる技術/西松眞子 | トップページ | 動きたくて眠れなくなる。/池田貴将 »