« デザインの次に来るもの/安西 洋之、八重樫文 | トップページ | できたことノート/永谷研一 »

2017年12月 2日 (土)

営業でいちばん大切なこと/小林一光

Photo 営業マンは、商品を売るのが仕事ではありません。営業マンが売るのは、「自分」です。「この商品は、役に立つ」ではなく「この営業マンは、役に立つ」と思っていただくことが、営業という仕事の、第一義だと思います。

営業とは結局コレだと思う。

昔から「商品を売る前に自分を売れ」と言われてきた。

お客は商品を買う前に、営業マンを買う。

だから売れる営業マンほど商品説明はしない。

自分を買ってもらえれば商品は自然に売れると知っているからだ。

もっと言えば、「あの人から買いたい」「あの人でなければダメ」と言われるようになったら営業マンとして一人前である。

今後10年から20年後には多くの仕事が人工頭脳やロボットに奪われると言われている。

しかし、時代が変わり、人工頭脳やロボットが進化しても、人と人との対人対応能力を必要とする仕事は最後まで残るのではないだろうか。

« デザインの次に来るもの/安西 洋之、八重樫文 | トップページ | できたことノート/永谷研一 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555602/66087506

この記事へのトラックバック一覧です: 営業でいちばん大切なこと/小林一光:

« デザインの次に来るもの/安西 洋之、八重樫文 | トップページ | できたことノート/永谷研一 »