« 答え方が人生を変える/ウィリアム・A・ ヴァンス | トップページ | 一流の学び方/清水久三子 »

2017年12月12日 (火)

誰でもできる<完全独学>勉強術/山口真由

Photo 私が東大受験も司法試験も国家公務員試験も一発合格できたのは、教科書を7回読むことに徹したから。

東大法学部に現役合格し、大学3年生の時に司法試験に一発合格、大学4年生の時に国家公務員Ⅰ種試験にも1発合格したという著者。

どう考えても秀才だと思うのだが、本人は努力のたまものだと言っている。

そして、努力の仕方として教科書を7回読むことを勧めている。

そのやり方というのは、1回目から3回目は、いわば下地作り。

教科書全体をざっと「眺める」ことが目的。

この段階では、教科書の内容はほぼ理解できなくてOK。

とにかく教科書全体にざっと目を通す。

読むのではなく「眺める」ことで、教科書全体のイメージをつかむことがポイント。

4回目から5回目で、ようやく「読む」というレベルになる。

教科書のどこになにが書いてあるのか、それがなにを意味するかを知る段階。

ここで教科書の内容の理解度が、8割くらいまで一気にアップする。

そして、6回目と7回目で教科書の内容を頭に「叩き込む」。

教科書に書いてあることを、図版や資料まで含めて、細かいところまで完全に理解する。

そして、試験でアウトプットができるレベルにまで覚える。

と、こういったやり方である。

これを実践するにはかなりの努力が必要なのだが、そうはいっても地頭の違いというのはあるはず。

以前読んだ本に、学力は50~60%くらいの遺伝率だと書いてあった。

更に両親が医者ということなので、おそらく学習する家庭環境があったものと想像する。

つまり、元々、かなりのアドバンテージをもって生まれた人なのである。

「誰でもこれを実践すれば私のようになれる」と言った類の本だが、これをこのまま受け止めると、かなり失望する人が出てくるのではないだろうか。

参考にする程度でよいと思う。

« 答え方が人生を変える/ウィリアム・A・ ヴァンス | トップページ | 一流の学び方/清水久三子 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555602/66131041

この記事へのトラックバック一覧です: 誰でもできる<完全独学>勉強術/山口真由:

« 答え方が人生を変える/ウィリアム・A・ ヴァンス | トップページ | 一流の学び方/清水久三子 »