« 「ほめる」技術/鈴木義幸 | トップページ | ザ・プラットフォーム/尾原和啓 »

2017年12月26日 (火)

全体最適のプロジェクトマネジメント/岸良祐司

Photo プロジェクトメンバーが目覚しい成長を見せたプロジェクトを振り返ってみると、成長するのは、プロジェクトの成功と、メンバーのなりたい自分の実現がオーバーラップしたときだと感じている。

私自身プロジェクト活動の支援をすることがよくあるのだが、とかくプロジェクトの目的を達成することが第一になってしまいがちである。

プロジェクトには期限があり、予算があり、達成目標がある。

プロジェクトとは今までやったことのないことをすること。

不確実性が高く、納期があり、人が行なうものである。

だから計画通りいかないことがほとんど。

そして多くの壁を乗り越える必要がある。

特にプロジェクトのリーダーとして立たされた者には多大なプレッシャーがかかる。

しかし、人が一皮むけるためには、困難な壁を乗り越える経験が必要だ。

人材育成の一環としてプロジェクトを活用することは非常に有効なのではないだろうか。

« 「ほめる」技術/鈴木義幸 | トップページ | ザ・プラットフォーム/尾原和啓 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555602/66187570

この記事へのトラックバック一覧です: 全体最適のプロジェクトマネジメント/岸良祐司:

« 「ほめる」技術/鈴木義幸 | トップページ | ザ・プラットフォーム/尾原和啓 »