« いっきに学び直す日本史 近代・現代 実用編/安藤達朗 | トップページ | 徹底検証 テレビ報道「嘘」のからくり/小川榮太郎 »

2018年2月 8日 (木)

頭がいい人の仕事は何が違うのか?/中尾ゆうすけ

Photo 仕事は目的から逆算して、何が必要なことで何が不要なことなのかを、見極めることが大事です。そして、求められるレベルの範囲で、周りに「おっ」と思わせる対応ができる人は、頭がいいということであり、期待値も高くなっていくのです。

本書で「頭がいい人」とは単にIQが高いということではなく「仕事ができる人」という意味。

仕事が「できる人」と「できない人」には、それぞれ多くの共通した特徴がある。

たとえば、仕事があまりうまくいかない人の特徴は次の通りである。

「仕事の基本が理解・実践できていない」

「仕事の効率が悪く時間ばかりかかる」

「ミスが多いうえに繰り返す」

「無意識に周囲をイライラさせてしまう」

といったもの。

逆に仕事ができる人たちには、

「依頼された仕事の目的を正しく理解している」

「何が必要で何が必要でないかを見極めている」

「一歩先を読んでプラスαを付加価値として加えている」

といった特徴がある。

要は、自分中心に仕事を考えるか、仕事を命じた上司中心に仕事を考えることが出来るかの違いである。

特に新人はこの視点の違いによってその後の伸びが大きく違ってくる。

逆に言えば、新人の時にこれを身に付けることが大切ということではないだろうか。

« いっきに学び直す日本史 近代・現代 実用編/安藤達朗 | トップページ | 徹底検証 テレビ報道「嘘」のからくり/小川榮太郎 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555602/66345773

この記事へのトラックバック一覧です: 頭がいい人の仕事は何が違うのか?/中尾ゆうすけ:

« いっきに学び直す日本史 近代・現代 実用編/安藤達朗 | トップページ | 徹底検証 テレビ報道「嘘」のからくり/小川榮太郎 »