« あなたが知っている健康常識では早死にする!/近藤誠 | トップページ | チームの力/西條剛央 »

2018年2月16日 (金)

羽生結弦は助走をしない/高山真

Photo 英語には、「今日は私の日ではなかった」という言葉で、幸運が自分にほほえまなかったことを納得させる文化があります。私はそれを非常に素晴らしいと思っています。
 幸運・不運は、「その人がすべてを懸けてきた」という厳然たる事実に、なんの傷も与えません。

今、冬季オリンピックの真っ最中である。

日々伝えられる選手の活躍。

実力以上の成績を残し笑った者、実力を出し切れずに泣いた者。

成績はともかくとして、それぞれが全力を出し切ってプレーしている。

しかし、それによって結果が伴うかというとそうでないこともある。

しかも、オリンピックは4年に一度。

アスリートの短い選手寿命から考えれば、4年は長い。

たまたまその年に選手としてのピークを迎えればよい成績を残せるかもしれないし、そうでなければ満足な成績を残せないこともあるのだろう。

運命の女神がほほ笑むときもあれば、無視されることもある。

だが、これらの運・不運も含めてオリンピックなのだろう。

しかし、成功というものは、常に金メダルで測られているわけではない。

人生もそれとよく似ている。

« あなたが知っている健康常識では早死にする!/近藤誠 | トップページ | チームの力/西條剛央 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555602/66395853

この記事へのトラックバック一覧です: 羽生結弦は助走をしない/高山真:

« あなたが知っている健康常識では早死にする!/近藤誠 | トップページ | チームの力/西條剛央 »