« 現場論/遠藤功 | トップページ | 人生が変わる 心のブロックの溶かし方/牧野内大史 »

2018年2月21日 (水)

強き蟻/松本清張

Photo 信弘は六十七歳である。八十も九十も生きられたら、ちょっと困る。八十で死んだら、自分が五十、九十で死んだら六十だ。女として老境に入り、だれも相手にしてくれなくなる。せめて自分の四十までか、それをちょっと出たくらいのときに、解放されたいものだった。その年齢だと、また前の水商売ができる。恋愛だっていくらでも出来る。

この小説の主人公は会社重役と結婚した沢田伊佐子。

歳の差30歳。

明らかに遺産目当てである。

彼女はその美貌と肉体を武器に、まわりの男たちを振り回し、利用して自分の欲望を満たそうとする。

お互いが相手を信用せず、あわよくば出し抜こうとする。

犯罪が犯罪を呼んでゆく。

その光景は、砂糖に群がる蟻のよう。

しかし、最後は策に溺れ身を滅ぼしていく。

ドロドロとした人間関係。

まさに清張の真骨頂といったところだろう。

« 現場論/遠藤功 | トップページ | 人生が変わる 心のブロックの溶かし方/牧野内大史 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555602/66392032

この記事へのトラックバック一覧です: 強き蟻/松本清張:

« 現場論/遠藤功 | トップページ | 人生が変わる 心のブロックの溶かし方/牧野内大史 »