« 逆襲の広報PR術/野澤直人 | トップページ | 朝鮮出身の帳場人が見た 慰安婦の真実/崔吉城 »

2018年2月 3日 (土)

なぜ日本の女子レスリングは強くなったのか/布施鋼治

Photo 「吉田選手が素晴らしいのは技術だけではなく、その人間性もそうです。日本だけではなく、世界中の53㎏級の選手が打倒吉田を掲げてきました。みんな吉田選手を倒したい。あるいは、吉田選手のようになりたい。そう考えているにもかかわらず、吉田選手は誰よりも優しく謙虚です。それって人間性ができていなかったら、チャンピオンでいる意味もないということですよね?」

上記はリオ五輪で吉田沙保里を破って金メダルを取ったヘレン・マルーリスの言葉。

ライバルの選手からもリスペクトされる吉田沙保里。

本物の証であろう。

五輪3連覇の吉田沙保里と4連覇の伊調馨。

それぞれ偉大な選手であり、多くの選手からリスペクトされる選手でもある。

しかし、その性格は正反対である。

吉田がリーダーシップを発揮するタイプならば、伊調はひとりで黙々とレスリング道を追求するローンウルフ系。

吉田が映像メディアに積極的に出演するタイプならば、伊調はメディアへの露出よりその日の練習を優先させる。

吉田や伊調以外の金メダリストも、その性格は様々だ。

むしろ、この多様性が日本の女子レスリング強くした一つの要因なのではないだろうか。

« 逆襲の広報PR術/野澤直人 | トップページ | 朝鮮出身の帳場人が見た 慰安婦の真実/崔吉城 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555602/66339962

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ日本の女子レスリングは強くなったのか/布施鋼治:

« 逆襲の広報PR術/野澤直人 | トップページ | 朝鮮出身の帳場人が見た 慰安婦の真実/崔吉城 »