« 彼女が会社を辞めた理由/影山惠子 | トップページ | ゆるく考えよう/ちきりん »

2018年3月15日 (木)

齋藤孝の速読塾/齋藤孝

Photo 私は、本を読むとき必ず「読んだあと、書評を人に言うのだ!」と思って読んでいます。もちろん書評をいちいち人に言わないほうが多いのですが、それでもそう思いこんで読まないと、速く読めないし、正確に読めないというのが私の持論です。

私自身、速読術は習ったことが無い。

しかし、結果として速読をしている。

この本も20分くらいで読んでいる。

要は、ポイントを押させて読み、あとは飛ばして読んでも理解に支障がないということ。

ではポイントを押さえるて読むにはどうすればよいのか?

それはアウトプットを前提に読むことである。

そうするといやでも「この本のポイントはどこにあるのだろう」という意識をもって読むようになる。

結果、重要な箇所とそうでない箇所が区別できるようになり、読むスピードもアップする。

速読に関する本も何冊か読んだことがあるのだが、大体同じようなことを言っているようだ。

« 彼女が会社を辞めた理由/影山惠子 | トップページ | ゆるく考えよう/ちきりん »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555602/66473440

この記事へのトラックバック一覧です: 齋藤孝の速読塾/齋藤孝:

« 彼女が会社を辞めた理由/影山惠子 | トップページ | ゆるく考えよう/ちきりん »