« ホワイトスペース戦略/マーク・ジョンソン | トップページ | 成功者が実践する「小さなコンセプト」/野地秩嘉 »

2018年3月23日 (金)

プレゼンは話す順番が9割!/三橋泰介

Photo 良い「つかみ」上手い「つかみ」とは何でしょうか?
 1つのテクニックとして私が研修の中でお伝えしているのが、「逆説を言おう」というノウハウです。

プレゼンやスピーチでは「つかみ」が重要だ。

良いつかみがあると、その後の展開が楽になる。

この「逆説を言おう」というノウハウ。

非常に面白い。

つまり、逆説、つまり普通の人が考えている常識とは逆の事を、スピーチの冒頭で言うということ。

例えば、

「営業とは、売らないことが大事」とか、

「人脈とは、人に会わないこと」とか、

「税理士で、節税をしない人がいます」等々。

この「逆説的なつかみ」をスピーチの冒頭ですると、「え? どういう意味??」と参加者がビックリして注目が集まる。

敢えて「逆説」を伝えてみることで参加者の意識を引きこむ事ができる。

そのためには、普通の人は何を「常識」だと考えているか?

それを知ることが重要。

「常識」を知った上で、「常識」と逆のことを言う。

この技、ぜひ、自分のものにしたいものだ。

« ホワイトスペース戦略/マーク・ジョンソン | トップページ | 成功者が実践する「小さなコンセプト」/野地秩嘉 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555602/66503813

この記事へのトラックバック一覧です: プレゼンは話す順番が9割!/三橋泰介:

« ホワイトスペース戦略/マーク・ジョンソン | トップページ | 成功者が実践する「小さなコンセプト」/野地秩嘉 »