« コーチングの基本/鈴木義幸 | トップページ | 死ぬほど読書/丹羽宇一郎 »

2018年4月16日 (月)

こうやって数字を使えば、仕事はもっとうまくいきます。/深沢真太郎

Photo「自分の仕事に対する情熱に、ほんの少しだけ数字というエッセンスを添える」
「添える?」 「そうです。〝おでん〟に〝カラシ〟を添えるように」
「そんな程度でいいのか?」
「はい。数字ばかりの人はビジネスでは勝てないでしょう。たとえるなら、〝おでん〟と〝カラシ〟のバランスが逆になったようなものです」
「とても食べられたモンではないな(笑)」

仕事を数字で押さえることは重要だ。

作業を共同で行なうときの所要時間の求め方、

粗利益が高くなる接客の方法、

割引セールの損益デッドラインの考え方、

など、数字を使ったアプローチは非常に有効だ。

しかし、数字バカになってはならないということも一方では言える。

数字を使って物事を捉えることは有効なのだが、そればかりになってしまうと、仕事は決してうまくいかない。

90%の情熱と 10%の四則演算。

〝数字に強いビジネスパーソン〟とはこういうバランスで仕事ができる人のことであろう。

« コーチングの基本/鈴木義幸 | トップページ | 死ぬほど読書/丹羽宇一郎 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555602/66603133

この記事へのトラックバック一覧です: こうやって数字を使えば、仕事はもっとうまくいきます。/深沢真太郎:

« コーチングの基本/鈴木義幸 | トップページ | 死ぬほど読書/丹羽宇一郎 »