« 息子が人を殺しました/阿部恭子 | トップページ | リアル30'S/毎日新聞「リアル30's」取材班 »

2018年5月30日 (水)

1440分の使い方/ケビン・クルーズ 著

1440 モチベーションとは、つまるところ、「いい思いをしたい」「嫌な思いをしたくない」という気持ちのことだ。そこで、いつも先延ばしにしがちな、きついタスクを片づけるために、そのタスクをやる意味について、次のような想像を交えながら考えてみよう。
「これをやったら、どんないい思いをするだろうか?」
「これをやらなかったら、どんな嫌な思いをするだろうか?」

1日は24時間、1440分である。

タイトルであえて1440分と言っているのは、時間に対する意識を変えろというメッセージが込められている。

私たちは時間をあまりにも無駄に使っている。

中でも「先延ばし傾向」は時間の無駄につながる

しかし、それを意志の力で変えるのは容易ではない。

そうではなく、著者は自らに「これをやったら、どんないい思いをするだろうか?」または「これをやらなかったら、どんな嫌な思いをするだろうか?」

と質問することを勧めている。

確かにこの言葉は感情に直接語り掛ける言葉だ。

また、先送り傾向の強い人に対してこのような「問い」をしてみても面白い。

人は感情で動くものなのだから。

« 息子が人を殺しました/阿部恭子 | トップページ | リアル30'S/毎日新聞「リアル30's」取材班 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555602/66763718

この記事へのトラックバック一覧です: 1440分の使い方/ケビン・クルーズ 著:

« 息子が人を殺しました/阿部恭子 | トップページ | リアル30'S/毎日新聞「リアル30's」取材班 »