« 3秒で心をつかみ 10分で信頼させる 聞き方・話し方/小西美穂 | トップページ | 富野に訊け!!/富野由悠季 »

2018年5月14日 (月)

抵抗勢力との向き合い方/榊巻亮

Photo ここで「6度6割」という言葉を紹介しておきたい。6回伝えて、6割伝わる、という意味だ。 一発で完全に理解してくれて、すごく協力的に振る舞ってくれることなどまずあり得ない。

私の仕事の一つに人事制度改革がある。

賃金制度や評価制度を変えようとした場合、必ずといってよいほど抵抗にあう。

いわゆる「抵抗勢力」である。

しかし、抵抗勢力は必ずしも悪ではない。

抵抗する側にも理屈があり、正義がある。

まず、第1に、現状維持バイアス。

これは、変化に対する強い動機や危機感がない場合、「まあ、今のままでいいか」と考えてしまう心理傾向を指す。

未知のものや未体験のものを受け入れず、現状は現状のままでいたいと、誰もが自然に考えてしまうのである。

第2に、保有効果。

これは、自分が現在所有しているものに高い価値を感じ、それを手放すことに強い抵抗を感じてしまう心理効果のこと。

結果として新しいものを手にしたときに得られるメリットよりも、今、手にしているものを失うことによるデメリットを強く感じ取ってしまう。

第3に、損失回避性。

これは、「利益」と「損失」では「損失」の方がより強く印象に残り、それを回避しようとする行動を取ること。

言い換えると「とにかく損はしたくない」ということだ。

新しいことにチャレンジして得られる「利益」と、被る可能性のある「損失」を比較すると、「損失」を重く捉える傾向にある。

そのため、「利益」が相当に大きくない限り、行動を起こせなくなる。

つまり、抵抗は人間の生理現象なのである。

必ず起こるものだと分かっていれば、感情的にならず、冷静に対処できる。

しかし、抵抗は放置すると育ってしまう。

だから、抵抗は必ず起こるものだと認識し、粘り強く接し続けること。

結局、これに尽きるのではないだろうか。

« 3秒で心をつかみ 10分で信頼させる 聞き方・話し方/小西美穂 | トップページ | 富野に訊け!!/富野由悠季 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555602/66710249

この記事へのトラックバック一覧です: 抵抗勢力との向き合い方/榊巻亮:

« 3秒で心をつかみ 10分で信頼させる 聞き方・話し方/小西美穂 | トップページ | 富野に訊け!!/富野由悠季 »