« 執事の手帳・ノート術/新井直之 | トップページ | アドラーに学ぶ部下育成の心理学/小倉広 »

2018年5月19日 (土)

トヨタで学んだ「紙1枚!」にまとめる技術[超実践編]/浅田すぐる

Photo 頭の中が整理できず、考えがまとまらない、あるいはポイントがつかめない、ゆえに、何を伝えればよいか見えてこない、あるいは次に何をすればよいのかわからない、その結果、具体的な行動がとれないのです。

どうして行動できないのか。

それは頭の中が整理されていないから。

「あれもやりたい、これもやりたい」

「その前に、あれをやらなくては」

と、いうように頭の中が散らかった状態になっていて、何をやりたいのか、何をやるべきなのかがはっきりわからず、次の1歩を踏み出せない。

もし、「紙1枚」という目に見える形にまとめることができたら、スッキリするのではないだろうか。

私たちの身の回りに起きる問題のほとんどは、頭の中の「ゴチャゴチャ」を「スッキリ!」に変えることで解決できる。

そのためのもっともシンプルにして実践的な思考整理術が、本書のタイトルにも掲げている『トヨタで学んだ「紙1枚!」にまとめる技術』である。

この手法には3つの特徴がある。

第1に、ひと目で全体が見える、つまり一覧性があるということ。

A4またはA3サイズの用紙「1枚」に情報がまとまっているため、ひと目で全体の情報量がわかり、情報の関連性も視覚的にわかるようになっている。

第2に、枠、つまりフレームがあるということ。

紙面の情報がカテゴリーごとに枠で囲まれている。

これによって読み手は、1つのテーマがどこで始まり、どこまで続いているかがひと目でわかる。

第3に、枠ごとにタイトルがついているということ。

枠の上には、その枠内に何が書かれているかを示すタイトルがついている。

枠内に何が書かれているかがひと目でわかる。

なので、2の「フレーム」と組み合わせると、どういう構成・ストーリーで資料を組み、これからこの資料をどう説明していくつもりなのか、あるいは読み手にどう読んでほしいのか、という「思考の道筋」も一見して把握することが可能となる。

これによってゴチャゴチャになっている頭の中が整理される。

よって、行動に移りやすくなり、また、自分の考えを相手にわかりやすく伝えることができる。

身に付けたいスキルの一つである。

« 執事の手帳・ノート術/新井直之 | トップページ | アドラーに学ぶ部下育成の心理学/小倉広 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555602/66728644

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタで学んだ「紙1枚!」にまとめる技術[超実践編]/浅田すぐる:

« 執事の手帳・ノート術/新井直之 | トップページ | アドラーに学ぶ部下育成の心理学/小倉広 »