« 頭がよくなる図化思考法/齋藤孝 | トップページ | サイコパス/中野信子 »

2018年5月 3日 (木)

社長の心得/小宮一慶

Photo 社長が「歩くビジョン」となるのです。

社長の仕事の第一は、「正しい価値観を共有した組織をいかにつくるか」だ。

正しい価値観に基づく会社のビジョンや理念を徹底するには、それを明文化することも必要だが、それだけでは不十分。

社長自身が「何が何でも自分の目の黒いうちは、これを求め続ける、守り通す」と決めることである。

そして、わずかでもぶれないように常に注意し続けることだ。

ぶれたら、すぐさま軌道修正しなければならない。

ときには、社員や幹部からの抵抗に遭うこともあるだろう。

それでも、守り抜く強い意志が必要。

そして何より、社長が自ら体現することが必要。

お客さま第一と言いながら、自分はゴルフばかり。

良い仕事が目的だと言いながら、それを儲ける手段にして自分の贅沢に夢中になる社長には、社員はついて行かない。

そのためには、社員に言い続け、自分にも言い続け、自ら実践していくことである。

社員は社長の一挙手一投足を見ているのだから。

« 頭がよくなる図化思考法/齋藤孝 | トップページ | サイコパス/中野信子 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555602/66670415

この記事へのトラックバック一覧です: 社長の心得/小宮一慶:

« 頭がよくなる図化思考法/齋藤孝 | トップページ | サイコパス/中野信子 »