« 吉井理人 コーチング論/吉井理人 | トップページ | 頭がよくなる図化思考法/齋藤孝 »

2018年5月 1日 (火)

「事業を創る人」の大研究/田中聡、中原淳

Photo 成長志向性の高い人が新規事業の担い手として適任であると言えます。

今は同じ事業を営々と続けることがリスクになってきている。

時代の流れを先取りし、新しい事業を立ち上げ、それを軌道に乗せ収益源の一つに育てていかなければ企業は生き残れないだろう。

そして新規事業を立ち上げる場合、問題は「誰に担わせるのか」という人の問題。

仕事に対する志向性は、「業績志向」と「成長志向」の2タイプに分けられるという。

業績志向人材の特徴は、周囲から自分自身の能力を高く評価されることに重きを置き、業績を上げることに意欲を燃やす特徴がある。

一方、成長志向人材の特徴は、業績志向とは違って周囲からの評価は気にせず、自分自身の知識・能力を高めることに重きを置く。

すでにオペレーションの仕組みがある程度、確立した既存事業では、業績目標の達成に心血を注ぐ業績志向人材が重用されやすいことは想像に難くない。

では、未知で予測不可能な出来事が立て続けに生じる新規事業ではどうなのだろう。

新規事業では答えのない中でひとり試行錯誤を繰り返す時間が続くことになる。

その場合、そのプロセスを自己成長ととらえて経験から学ぼうとする姿勢が、事業を創造する上で重要である。

実現までの過程に自己成長という価値を見いだし、積極的に経験から学ぶのが成長志向人材である。

その反面、業績志向が高い人の場合では、失敗する確率の高い新しいチャレンジや難しい仕事を極力避けようとする傾向がある。

どんなに優れた新規事業の戦略があっても、それが実行されて成果に結びつかなければ意味がない。

机上ではうまくいくと思われる理論も、現場でそれを形にするのは「人」である。

成長志向の人材をいかに見いだし、新規事業の担い手として登用するのか。

この辺りが、新規事業を立ち上げるための重要なポイントとなるのであろう。

« 吉井理人 コーチング論/吉井理人 | トップページ | 頭がよくなる図化思考法/齋藤孝 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555602/66661015

この記事へのトラックバック一覧です: 「事業を創る人」の大研究/田中聡、中原淳:

« 吉井理人 コーチング論/吉井理人 | トップページ | 頭がよくなる図化思考法/齋藤孝 »