« 教養バカ/竹内薫 | トップページ | 荒くれ漁師をたばねる力/坪内知佳 »

2018年5月25日 (金)

人を助けるとはどういうことか/エドガー・H・シャイン

Photo 成果をあげるチームとは、各メンバーが自分の役割を適切に果たすことによって、ほかのメンバーを助けているチームだと定義できるだろう。そうすれば、業績を達成するプレッシャーが大きいときでさえも、相互の信頼関係が確かなため、メンバーは公正さを感じられる。つまり、チームワークの本質とは、すべてのメンバーにおける相互の支援を発達させ、持続させるということだ。

成果を上げるチームは、メンバーの相互支援を発達させ、持続させているという。

「チームワーク」とは、一緒に働かねばならないグループの全メンバーを含めた、相互の多様な支援関係の状態と定義できる。

したがってチーム・ビルディングとは、メンバー全員における人間関係を作ることである。

有能なチームリーダーなら、どんな新しいグループでも、新たなメンバー全員が、メンバー同士や、形式的権限のある人との関係を作り上げねばならないことに気づいている。

こうした関係を築くために時間をかけ、資源を提供する。

だからチームリーダーが、メンバーの言葉に積極的に耳を傾けることによって謙虚な姿勢を見せるチームは、うまくいく。

傾聴は、よい結果を出すには他者が重要だという認識を伝え、皆がグループの中で公正・公平だと感じられるアイデンティティや役割を育む心理的空間をつくりだす。

効果的な相互支援ができるチームをいかに構築するか、これがチームリーダーの重要な仕事であるということだろう。

« 教養バカ/竹内薫 | トップページ | 荒くれ漁師をたばねる力/坪内知佳 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555602/66750056

この記事へのトラックバック一覧です: 人を助けるとはどういうことか/エドガー・H・シャイン:

« 教養バカ/竹内薫 | トップページ | 荒くれ漁師をたばねる力/坪内知佳 »