« 荒くれ漁師をたばねる力/坪内知佳 | トップページ | 本物の自信を手に入れるシンプルな生き方を教えよう。/千田琢哉 »

2018年5月27日 (日)

好かれる人の話し方、信頼される言葉づかい/桑野麻衣

Photo 私がたどり着いたコミュニケーションの定義は、「コミュニケーションとは「ココロ」を「カタチ」にすること」というものです。
 

誰もが目の前の相手に対して、何かしらのココロを持っている。

「仲よくなりたいという気持ち」

「思いやる気持ち」

「心配する気持ち」

と、何かしらのココロをもっている。

しかし、それをカタチにできる人というのは正直少ないというのが現実だ。

カタチにできるということは、そのココロの熱量や温度感をそのまま100%相手に伝えられるということを意味している。

思っていても相手に伝わっていないのであれば、思っていないのと同じ。

そのカタチとなるのが「話の内容」「言葉づかい」といった言語によるコミュニケーションだ。

さらに「表情」「身だしなみ」「立ち居振る舞い」「アイコンタクト」「声のトーン」といった非言語によるコミュケーションもある。

これらを活用することができなければ、相手にはそのココロは伝わらない。

そして、ココロがないものとして見なされてしまう。

日本人には「察する」という独特の文化がある。

しかし、特にビジネスの世界においては、「察してほしい」というのは甘えにすぎない。

実際、「伝わっていると思ったから」という思い込みが原因で、取り返しのつかないミスやトラブルを起こしたり、巻き込まれたりすることがある。

人生におけるストレスは、ほとんどがこのような人間関係における「言った、言わない」といったコミュニケーションのすれ違いが原因だと言われている。

「コミュニケーションとは「ココロ」を「カタチ」にすること」

重要なキーフレーズだと思う。

« 荒くれ漁師をたばねる力/坪内知佳 | トップページ | 本物の自信を手に入れるシンプルな生き方を教えよう。/千田琢哉 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555602/66756634

この記事へのトラックバック一覧です: 好かれる人の話し方、信頼される言葉づかい/桑野麻衣:

« 荒くれ漁師をたばねる力/坪内知佳 | トップページ | 本物の自信を手に入れるシンプルな生き方を教えよう。/千田琢哉 »