« 本物の自信を手に入れるシンプルな生き方を教えよう。/千田琢哉 | トップページ | 1440分の使い方/ケビン・クルーズ 著 »

2018年5月29日 (火)

息子が人を殺しました/阿部恭子

Photo 秋葉原無差別殺傷事件から6年後、加藤氏の弟が自殺した。その事実はある週刊誌が小さく報じただけだった。

少年による悲惨な殺人事件が起こると、いつも思うことがある。

「もし、自分の息子が、ある日突然、殺人者になったとしたら、どうなってしまうんだろう」・・・、と。

犯人にも、家族がいる。

両親、配偶者、きょうだいなどの犯人の家族は、事件後、どのような人生を送るのか。

被害者側の怒りや悲しみ、犯人への憎悪や応報感情の矢面に立たされるのは、塀の中に隔離される犯人ではなく、加害者家族の方なのだ。

家族が事件を起こすと、「家族なのにどうして気がつかなかったのか」「本当は知っていたのではないか」などと社会から責められる。

家族は、「あのとき、気がついていれば……」という自責の念に苛まれる。

あの「秋葉原無差別殺傷事件」の犯人、加藤智大の弟も自殺していたという。

本書で初めて知った。

今、世の中全体がワイドショー化している。

何かがあると、一方的に報道され、二次被害を生む。

しかし、その部分については何も報道されない。

物事には必ず表と裏、光と闇の部分があるのに。

いろんな意味で、多様な見方を許容し、尊重し合う社会であってほしいと思う。

« 本物の自信を手に入れるシンプルな生き方を教えよう。/千田琢哉 | トップページ | 1440分の使い方/ケビン・クルーズ 著 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555602/66760106

この記事へのトラックバック一覧です: 息子が人を殺しました/阿部恭子:

« 本物の自信を手に入れるシンプルな生き方を教えよう。/千田琢哉 | トップページ | 1440分の使い方/ケビン・クルーズ 著 »