« スティーブ・ジョブズの言葉/国際文化研究室 | トップページ | 御用学者と呼ばれて/澤田哲生 »

2018年6月29日 (金)

社長の「まわり」の仕事術/上阪徹

Photo ひとつのヒントは、松本氏の語った一言だった。
「フルグラをシリアルと呼ばないで、と言ったんですね。これはまったく違ったブームになる。おいしいというイメージが薄い、アメリカのシリアルと一緒にしてくれるな、と」
 この言葉に、藤原さんはハッとしたという。どうすれば、日本でブームを起こせるか、だ。こうして2013年に藤原さんが掲げたのが、「朝食革命」という言葉だった。

 
 

上記は、カルビーの藤原氏のエピソード。

カルビーは「朝食革命」というキャッチのもと、朝ご飯を変える、というムーブメントを起こす。

折しも女性の社会進出が当たり前になり、手早くおいしく健康的な朝食への関心が高まっていた頃。

これが後に、消費者に強く響く言葉になっていく。

カルビーの社長、松本氏については、すごい社長としてマスコミが取り上げることが多い。

しかし、すごいと言われる経営者のまわりには、「デキる」人たちがたくさんいる。

松下幸之助しかり、本田宗一郎しかり、盛田昭夫しかりである。

本書はそれを「社長のまわりの仕事術」として、多くの「デキる」人にインタビューしている。

共通するのは、社長の意図を汲んで仕事をしているということ。

例えば、「同じことを3回言われたら〝これは本気だ〟と思ってやる」とか、

「とにかく簡潔にする。報告なのか、相談なのか、判断をしてもらいたいのか、明確にする。」とか、

「あちこちで先回りしておかないといけない。言われていないのにやる、くらいがちょうどいい。」とか、

ある意味、社長を「忖度」しているのである。

確かに社長は忙しいので、事細かく指示命令をすることはできない。

それを「社長はこれをやってほしいんだろう」と、その意を汲んでやる。

つまり忖度する。

それが「デキる」人といえるのではないだろうか。

« スティーブ・ジョブズの言葉/国際文化研究室 | トップページ | 御用学者と呼ばれて/澤田哲生 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 社長の「まわり」の仕事術/上阪徹:

« スティーブ・ジョブズの言葉/国際文化研究室 | トップページ | 御用学者と呼ばれて/澤田哲生 »