« OJTで面白いほど自分で考えて動く部下が育つ本/松下直子 | トップページ | イノベーションを起こす組織/野中郁次郎、西原文乃 »

2018年8月13日 (月)

「産業革命以前」の未来へ/野口悠紀雄

Photo AIやブロックチェーンに、失業を生むというディスラプターの側面があるのは、やむを得ない。しかし、これはコンピュータと人間の戦いではない。人間がコンピュータをうまく使うことによって、人間でなければできないような仕事に特化していくことは可能である。

これかどんな時代が来るのだろう。

AIやロボットの進化によって、多くの人間の仕事が奪われるのは確かだろう。

しかし、人間にしか出来ない仕事は必ず残る。

それは「人間の仕事が残る」というだけではない。

価値がこれまでよりも高まる仕事があるということだ。

産業革命によって、それまで人間が行っていた多くの仕事が機械に代替された。

しかし、人間の仕事がなくなったわけではない。

むしろ、経済活動が促進されて、人間の仕事は増え続けた。

さらに、残る仕事は、創造的な仕事だけではない。

例えば、掃除だ。

「何がゴミであるか」を判別するのは、それほど容易なことではない。

一見したところ単なる紙切れに見えても、そこに重要なメモが書いてあるかもしれないからだ。

著者は、産業革命に先立つ時代が、これからの時代のモデルになる、「歴史の循環」「先祖がえり現象」が生じている、と述べている。

これは、新しい技術を活用して、人類のフロンティアを大きく拡大するチャンスでもあるというのである。

見方によっては、ワクワクするような未来が到来しようとしているということではないだろうか。

« OJTで面白いほど自分で考えて動く部下が育つ本/松下直子 | トップページ | イノベーションを起こす組織/野中郁次郎、西原文乃 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555602/67043353

この記事へのトラックバック一覧です: 「産業革命以前」の未来へ/野口悠紀雄:

« OJTで面白いほど自分で考えて動く部下が育つ本/松下直子 | トップページ | イノベーションを起こす組織/野中郁次郎、西原文乃 »