« 「地頭力」のつくり方/山中俊之 | トップページ | 無愛想のススメ/池田潤 »

2018年9月11日 (火)

マスコミ偽善者列伝/加地伸行

Photo 事実、朝日擁護の知識人やジャーナリストらの姿勢は一律に反安倍、反自民、反保守……であり、己れ自身がすでに公平でないのに、さも公平でありげに言う。偽装の偽善者どもと言うほかない。

フェイクニュースという言葉がトランプ大統領の登場以来、盛んに使われるようになった。

確かに、大手マスメディアの流すニュースには偏ったものが多い。

特に客観報道を建前とするテレビメディアはそれが顕著である。

物事にはいろんな見方があるわけだから、マスコミはいろんな見方を提供すべきなのに、コメンテーターたちは一方的なコメントしかしない。

その姿勢は一律に「反安倍、反自民、反保守」である。

今でも、はっきりと記憶に残っているのは、4年前、集団的自衛権が閣議決定された時のことである。

それ以前の約半年、朝日新聞や毎日新聞などが中心となって反対運動をしていた。

その際、さまざまな方面の人に反対論を述べさせていた。

共通点は一つ「日本は戦争に巻きこまれ、若者は死んでゆく」というもの。

しかし、あれからずいぶん経ったのに、日本はまだ戦争に巻きこまれていない。

今は沖縄の知事選の報道が目立つ。

先日、沖縄の米軍基地に対する反対デモをテレビで見たが、「ヤンキーゴーホーム」とプラカードを掲げている人がいた。

これってヘイトスピーチだと思うのだが、マスコミは全く問題にしない。

偏向報道と言われても仕方ないだろう。

大事なことは多様な情報に接し、自分の頭で考えることであろう。

« 「地頭力」のつくり方/山中俊之 | トップページ | 無愛想のススメ/池田潤 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555602/67136171

この記事へのトラックバック一覧です: マスコミ偽善者列伝/加地伸行:

« 「地頭力」のつくり方/山中俊之 | トップページ | 無愛想のススメ/池田潤 »