« 他人を平気で振り回す迷惑な人たち/片田珠美 | トップページ | 公務員の異常な世界/若林亜紀 »

2018年9月19日 (水)

自由をつくる 自在に生きる/森博嗣

Photo 結論からさきに書くと、「人生の目的は自由だ」と僕は考えている。自由を獲得するために、あるいは自由を構築するために、僕は生きている。少なくとも、今は本気でそう考えているのである。

自由とは、「自分の思いどおりになること」である。

自由であるためには、まず「思う」ことがなければならない。

次に、その思いのとおりに「行動」あるいは「思考」すること、

この結果として「思ったとおりにできた」という満足を感じる。

その感覚が「自由」である。

人間は思ったほど自由ではない。

知らず知らずのうちに数々の制約を受けている。

まず「思う」という段階で様々な制約を受けている。

自分の過去の経験や思い込み、そして常識というものに知らず知らずに縛られ、自由に思うことができなくなっている。

そして行動にも制約を受ける。

自由に行動するためには、それにふさわしい行動力がなければならない。

体力や柔軟性、持久力も必要だ。

体の柔軟性とともに思考の柔軟性も必要になる。

それらが備わって初めて自由に行動することができる。

結局、自由を手に入れるということは、そういう「できる自分」を作り上げることであり、自分の変化を積極的に推し進めること、といえると思う。

そして自由には責任が伴う。

一時期、「自己責任」という言葉が流行ったが、「自由」があって初めて「責任」を問われる。

ということは「自由」は、思っているほど「楽なものではない」ということである。

自分で考え、自分の力で進まなければならない。

そして結果には責任を持つ。

その覚悟というか、決意のようなものが必要だということではないだろうか。

« 他人を平気で振り回す迷惑な人たち/片田珠美 | トップページ | 公務員の異常な世界/若林亜紀 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自由をつくる 自在に生きる/森博嗣:

« 他人を平気で振り回す迷惑な人たち/片田珠美 | トップページ | 公務員の異常な世界/若林亜紀 »