« 公務員の異常な世界/若林亜紀 | トップページ | 闇ウェブ/セキュリティ集団スプラウト »

2018年9月21日 (金)

「とにかく優位に立ちたい人」を軽くかわすコツ/石原加受子

Photo 他者中心の人は、他者との優劣や強弱の競争に勝つために、他者への「支配」を目指します。
 一方で、自分中心の人は、お互いを認め合う「自由」を目指します。
 お互いの「自由」が保証されてこそ、私たちに本来備わっている欲求は、建設的、発展的、希望的なものへと発揮されていくのです。

自分中心というと、エゴイズムと結びつくようで、何か悪いことのように考えてしまう。

しかし、著者がここで言う「自分中心」とは、「自分の感情や、気持ち、欲求」を優先するという捉え方のこと。

人生の基盤とするべきものは、自分自身。

私たちは、本質的に「自分を大事にしたい」という欲求をもっている。

また、愛し合いたい、協力し合いたい、相手に尽くしたいという欲求も、根源的な能力として備えている。

また、その満足感や喜びや幸福感も知っている。

自分の心を無視してまで、他者のために尽くそうとしなくても、自分を大事にしていけば、自然と、他者も大事にしたいという欲求につながっていく。

ただ、そんな能力を発揮し満たすには、互いを「認め合う」ことが前提となる。

それは「お互いの〝自由〟を認め合う」ということ。

これが自分中心の基本を成すもの。

他方で、「他者中心」とは、自分ではなく、社会の規範やルールや規則、一般常識といった、外側の基準を自分の判断基準とする生き方。

本来、自分が判断して選択するはずの基準を、自分ではなく、自分以外の外側に置いている。

こうした人は、自分の行動や考えが他者の基準にそぐわなければ、自分の気持ちや感情や欲求は後回しで、必死になって他者に合わせる。

自分を認めるためには「他者と比較する」ことが必要で、常に他者との間で自分の優劣や強弱を競うようになる。

そして、こうした絶え間ない他者との競い合いの中で、他者への支配性がだんだんと強化されていく。

これが優位に立ちたい人に特有の、まさに他者中心の生き方の典型なのだという。

優位に立ちたい人は、もともと「自分は劣っている」という思いを持っているため、そこを他人から指摘されることを極度に恐れている。

その恐れから、指摘される前に攻撃を仕掛けてしまう。

そして、そこで自分の発した言葉によってさらに劣等感を刺激され、傷を深めていく。

自分を劣っていると認めたくない、それでも優位に立ちたい、という人は、相手を自分の下に引きずり落とすしかなくなる。

優位に立ちたい人は、相手の劣っているところを探しては、相手のことを心の中で貶めたり、「絶対に許せない」と憤ったりして、争う気持ちをエスカレートさせていくことが多い。

他者中心の人たちの人生を支配しているのは、「しなければならない」という意識。

そこには、人間が本来有している自分の気持ち、感情、欲求というものが、すっぽりと抜け落ちている。

このような心のメカニズムをしっかりと頭に入れ、自分自身は自分中心の生き方をすること。

これが大事だということではないだろうか。

« 公務員の異常な世界/若林亜紀 | トップページ | 闇ウェブ/セキュリティ集団スプラウト »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555602/67177002

この記事へのトラックバック一覧です: 「とにかく優位に立ちたい人」を軽くかわすコツ/石原加受子:

« 公務員の異常な世界/若林亜紀 | トップページ | 闇ウェブ/セキュリティ集団スプラウト »