« 突き抜ける人は感情で動く/芦名佑介 | トップページ | 一流マネジャーの仕事の哲学/西岡郁夫 »

2018年10月 3日 (水)

「ミッション」は武器になる/田中道昭

Photo 自分が強みを持ち、自分がするのが好きなことの延長線上で何かを生み出すことこそがミッションである。

ミッションとはつまり、「存在意義」 や「自分が生まれてきた意味」、あるいは「生きる目的」 である。

決して遠い未来の遠い場所にあるものではない。

すでに「今ここ」に存在しているものである。

ビジョンが将来の夢や生きる目標を意味する言葉であるのに対し、ミッションとは使命や生きる目的を意味する言葉。

つまりは、ミッションとは、未来の中にあるものではなく、「今ここ」という現在にある。

ミッションとは、存在意義や使命、自分が生まれてきた意味や生きる目的。

ミッションは、言ってみればビジョンよりもより上位の概念。

未来の中にあるものではなく「今ここ」という現在にあるもの。

つまり 自分の中に潜在的にあって「見つけ出すもの」。

これまでの自分や現在の自分をきちんと「整理整頓」していけば、必ず自分の中から見つけ出すことができる。

つまり、ミッションはその人の中にすでに内在しているものを見つけ出す作業にすぎないということ。

自分の中にある価値観、動機、そのような自分のうちに内在しているものに目を向けることによって見つけることができる。

いうならば、自分を動かしているものを言語化する作業といえる。

自分は仕事を通じてどのような人たちと関わり合い、どのような人たちのどのような問題を解決していきたいのか。

自分が仕事を通じてどのような人たちに、どのような価値を提供していきたいのか。

自分は結局、何をやりたいのか?

これらを探っていく。

そしてそれを言語化することによってやる気につながる。

ぶれない自分になることができる。

自分のキャリアを考える上で、必須の作業ではないだろうか。

« 突き抜ける人は感情で動く/芦名佑介 | トップページ | 一流マネジャーの仕事の哲学/西岡郁夫 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555602/67218912

この記事へのトラックバック一覧です: 「ミッション」は武器になる/田中道昭:

« 突き抜ける人は感情で動く/芦名佑介 | トップページ | 一流マネジャーの仕事の哲学/西岡郁夫 »