« 定年バカ/勢古浩爾 | トップページ | SEは死滅する/木村岳史 »

2018年10月18日 (木)

「数字」が読めると本当に儲かるんですか?/古屋悟司、田中靖浩

Photo 本来であれば、「会社をもっと成長させよう」「もっと給料をよくしていこう」「もっとお客さんに喜んでもらおう」などという目的のために、もっとがんばって働こうという気持ちになると思います。
 でも、人をどんどん雇っていった結果、雇った人の給与を稼ぎ出さなくちゃいけない、というのが目的に変わっていきました。

多くの「成功本」には「お金はあとからついてきます」という言葉が頻繁に出てくる。

さらに「お客さんが喜ぶことをすれば、お金はあとからついてきます。だから、お客さんに 真摯 に向き合い、真面目に取り組みましょう」とも、成功本にはよく書かれてある。

しかし、これは半分正しいが半分間違っている。

ここには数字が出てこないからである。

経営で重要なのは売り上げではなく利益。

大企業であればシェアが大事なので、売上を優先するのはわかる。

しかし、中小企業では利益が何よりも大事。

どんなに売上が上がっても、そのために人を増やし固定費が上がれば利益は縮小する。

そのため、どんなに売上が上がっても儲からないという現象が起こる。

数字を把握しないからこんなことが起こる。

指標とすべきなのは売上ではなく「利益」。

「利益」を、毎日「見える化」できたら、安心して経営できるのではないか。

「会社の数字のことをしっかりと理解」したうえで、お客さんを喜ばせて、真摯に向き合えば、お金はあとからついてくる、と言い換えるべきだろう。

« 定年バカ/勢古浩爾 | トップページ | SEは死滅する/木村岳史 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555602/67272209

この記事へのトラックバック一覧です: 「数字」が読めると本当に儲かるんですか?/古屋悟司、田中靖浩:

« 定年バカ/勢古浩爾 | トップページ | SEは死滅する/木村岳史 »