« 損しない人のほめ方の法則/澤村直樹 | トップページ | 集中力/谷川浩司 »

2018年10月24日 (水)

好かれる人が無意識にしている言葉の選び方/中谷彰宏

Photo 博報堂時代に、「コピーの神様」と言われる取締役とトイレで一緒になったことがあります。
 その時、「どうだ、仕事は?」と聞かれて、「いろいろ大変です」と答えると、「うんうん、大丈夫、大丈夫」と言われました。
 私はその人が言った「大丈夫」という言葉にすごく救われました。
 「頑張れ」と言われなかったからです。

普段、何気なく使っている言葉。

しかし、言葉の使い方で、好かれる人と、そうでない人とに分かれる。

好かれるために嫌われない言葉を言おうとすると、10人中9人と同じ言葉になる。

それでは、「あの人のこの言葉が」と覚えてもらえない。

10人いると、9人は同じことを言う。

残りの1人の違う言葉を言える人が、好かれる人になる。

例えば、職場の同僚に飲み会に誘われたとする。

そして、それを断りたい場合、

多くの人は、「どうしても行けない」といい、そのあと、行けない理由を説明する。

断り方がうまい人は、「なぜかと言うと」という理由をいっさい挙げずに、「残念! 行けない」と言う。

「残念」という感情だけのほうがリアルだ。

理由のあるほうが、ウソっぽい。

上司は部下に対して指示や命令をする。

その命令が命令口調になると、部下はつらい。

「ちゃんと確認しろよ」と上司が言うと、部下は叱責されているように感じる。

しかし、上司が「よし、ちゃんと確認しよう」と言ったとする。

「○○しよう」は、「僕も含めて一緒に」というニュアンスになる。

その方が部下は動くだろう。

ちょっとした言葉の選び方なのだが、それによって共感を得ることもできるし、反発を受けることもある。

味方を作ることもあるし、敵を作ってしまうこともある。

しかも、書いた文章と違って、一度口から出てしまった言葉は消せない。

相手の記憶に残ってしまう。

言葉は大切にしたいものだ。

« 損しない人のほめ方の法則/澤村直樹 | トップページ | 集中力/谷川浩司 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 好かれる人が無意識にしている言葉の選び方/中谷彰宏:

« 損しない人のほめ方の法則/澤村直樹 | トップページ | 集中力/谷川浩司 »