« ことわざで働き方を考えよう/戸田智弘 | トップページ | 「数字」が読めると本当に儲かるんですか?/古屋悟司、田中靖浩 »

2018年10月17日 (水)

定年バカ/勢古浩爾

Photo わたしは今年で定年後十年になる。一日一日ほとんどなにもしなかったら、十年経ってしまった。細々と文章は書いた。しかしその大半はテレビ三昧、読書三昧、DVD三昧の日々だったといっていい。いやいや、今日もまたなにもせずに、朝までYouTubeを観てしまったな、こんなんでいいかね、と一応自分に形だけの反省はさせてみたが、じつをいえばそのような日々は悪くはなかったのである。なんの後悔もない。

平均年齢が80歳を超えようとしている現代、定年後どのように過ごすのか、様々な書籍が出ている。

健康の問題、財テクの問題、相続の問題、余暇の過ごし方の問題、等々、様々である。

定年はだれにとっても初めての経験である。

だが、わたしたちは幼稚園に入るときも、小学校入学もはじめての経験だった。

入社もそうだ。

幼稚園に入るとき、だれからも入園の心構えやコミュニケーションの取り方など教えてもらわなかった。

知らない人間ばかりの、なにもわからない場所にいきなり放り込まれて、幼い頭といつの間にか形成されていた性格だけで、なんとかやってきたのである。

なぜ「定年」のときだけ狼狽えて、先輩たちの経験を読み聞き、専門家の話を聞きたがり、いろいろな情報を知ろうとするのか。

あまりにも過剰に考えすぎているのではないか?

これが著者の言わんとしていることである。

そもそも定年後をどう過ごすかなんていうことは、人それぞれであって、これが正しいとか、かくあるべきなんていうものでもない。

定年はすべての人にとってフロンティアである。

これがあたりまえの考え方である。

シンプルすぎるほどシンプル。

私もこの考え方には100パーセント共感できる。

« ことわざで働き方を考えよう/戸田智弘 | トップページ | 「数字」が読めると本当に儲かるんですか?/古屋悟司、田中靖浩 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555602/67268647

この記事へのトラックバック一覧です: 定年バカ/勢古浩爾:

« ことわざで働き方を考えよう/戸田智弘 | トップページ | 「数字」が読めると本当に儲かるんですか?/古屋悟司、田中靖浩 »