« 感じる経済学/加谷珪一 | トップページ | 「ミッション」は武器になる/田中道昭 »

2018年10月 2日 (火)

突き抜ける人は感情で動く/芦名佑介

Photo 価値観を明確にすることで、 自分の感情が何によって、どこにDRIVE(加速)していくかを知ることが重要です。

著者は、論理ではなく、感情で動くこと、能力ではなく、可能性を信じることを進めている。

自分の行動を決める時、論理や理屈よりも自分の感情を観察することを優先する。

目標を達成しようとする時は数字ではなく、考えるだけで思わず興奮してしまうぐらいのシーンを想像する。

どうして論理ではなく、感情で動くことが大事なのか。

それは論理で考えると、どうしても行動は抑制的になる。

論理で考えた結果、やらないことを決断することも多くなるから。

しかし、物事は結局やってみなければならないことの方が圧倒的に多い。

そしてうまくいけば儲けものである。

世の中を見ていると、結局、行動力のある人が成功している。

そして、感情で決めるということは、自分の価値観を大事にしているということでもある。

価値観の根底には動機がある。

人間は動機に伴ったことを行ったとき、その行動にドライブがかかる。

ストレスもかからない。

するとより高いパフォーマンスが発揮されることになる。

つまり感情で動くことは、理に適っているということである。

著者の言っていること、意外と当たっているところもあるのではないだろうか。

« 感じる経済学/加谷珪一 | トップページ | 「ミッション」は武器になる/田中道昭 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555602/67215429

この記事へのトラックバック一覧です: 突き抜ける人は感情で動く/芦名佑介:

« 感じる経済学/加谷珪一 | トップページ | 「ミッション」は武器になる/田中道昭 »