« 集中力/谷川浩司 | トップページ | すべての仕事は10分で終わる/森川亮 »

2018年10月26日 (金)

奉仕するリーダーになりなさい/和田裕美

Photo 「ついてこい」よりも「助けてください」のほうがいいのです。
 この人のために頑張ろうと思ったときのほうが、人は能力を最大限まで発揮できるものなのです。

かつてリーダーといえば「俺についてこい」型のリーダーを指していた。

ところが、今はそうではないリーダー像が求められるようになってきた。

それが「サーバント・リーダー」といわれるもの。

サーバントとは召使。

つまり、「まず相手に奉仕し、その後相手を導く」リーダーである。

サーバント・リーダーは、相手に対し奉仕する人。

相手への奉仕を通じて、相手を導きたいという気持ちになり、その後リーダーとして相手を導く役割を受け入れる人。

地位の高い人が上から指示を出して仕事をさせるのが従来のリーダー像。

サーバント・リーダーは、現場の人が働きやすい環境と意見を言いやすい雰囲気をつくり、その意見を聞き入れて自発的な行動へと導く。

視点を変えること。

相手の価値観を理解すること。

そして、思い込みを捨てること。

それが奉仕型リーダーになるための大事な作業。

人間がやる気を出して、自信を持って、未来を信じられるようになるためには、しつこいほどいつも、「あなたはすごいよ」と言ってくれる人が傍にいたほうがよい。

とにかく、悔しくても、しゃくにさわっても、調子に乗った相手にむかついても、褒める。

それが、人を幸せにするリーダーの仕事。

リーダーは完璧である必要はない。

仕事をきちんとこなし、思いやりをもって相手を尊重できる人であれば、弱い部分を見せても、絶対にバカにされたりはしない。

むしろ、その方が相手はついてくる。

このようなリーダーが求められるようになったのも、時代の流れなのではないだろうか。

« 集中力/谷川浩司 | トップページ | すべての仕事は10分で終わる/森川亮 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奉仕するリーダーになりなさい/和田裕美:

« 集中力/谷川浩司 | トップページ | すべての仕事は10分で終わる/森川亮 »