« やっかいな隣人 韓国の正体/井沢元彦、呉善花 | トップページ | 帝国議会と日本人/小島英俊 »

2019年1月 4日 (金)

日本国紀/百田尚樹

Photo アメリカを含む世界44ヵ国が調印している「ハーグ陸戦条約」には、「戦勝国が敗戦国の法律を変えることは許されない」と書かれている。つまり、GHQが日本の憲法草案を作ったというこの行為自体が、明確な国際条約違反なのである。

かなり分厚い歴史書であるにも関わらず、今、本書はベストセラーになっている。

日本国の誕生から現代にいたるまでの通史だが、特徴は近現代史に半分以上が割かれているということ。

日本人ほど、自国の歴史を知らない国民はいない。

特に近現代史をちゃんと勉強している日本人は少ない。

学校教育でも近現代史は3学期にちょっとやるくらいだ。

また歴史はヒストリーというように「物語」である。

また、物語として読まなければ、歴史は無味乾燥なものとなってしまう。

本書はまさに「日本人の物語」となっている。

「日本人に生まれてよかった」と思えるような本である。

多くの人に読んでもらいたい本だ。

« やっかいな隣人 韓国の正体/井沢元彦、呉善花 | トップページ | 帝国議会と日本人/小島英俊 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本国紀/百田尚樹:

« やっかいな隣人 韓国の正体/井沢元彦、呉善花 | トップページ | 帝国議会と日本人/小島英俊 »