« 組織の未来はエンゲージメントで決まる/新居佳英、松林博文 | トップページ | 世界基準の幼稚園/橋井健司 »

2019年3月 6日 (水)

企業の成長戦略が10時間でわかる本/木嶋豊

10 強い信念と、よく考え込まれたビジネスモデルがあれば、どんな方にもチャンスはあります。

本書では、ベンチャー・中小企業の起業の仕方から成長のさせ方、ビジネスモデルやマーケティング戦略、競争戦略の作成方法、ベンチャーキャピタルからの資金調達のポイントを解説している。

上場できるような成長企業と、いつまでたっても成長できない企業の違いを明確にして、成長企業の秘訣や上場することによるメリット・デメリットをくわしく解説している。

実はベンチャー企業とは和製英語であり、海外でベンチャー企業と言っても通じない。

1960年代に、新しい製品やサービスを提供し、急成長する企業を「ベンチャー企業」と名付けた。

かつてのソニーやホンダなども、ベンチャースピリットに富んだベンチャー企業といえる。

海外ではいわゆるベンチャー企業をどのように呼ぶかというと「スタートアップ」という。

中小企業との違いは、スケーラブル(拡大の余地が大きい)で成長できる企業か、資金調達をして、市場を開拓し、急成長して上場を果たす企業かどうかである。

キーワードは「スケーラブル」。

ある製品、サービス、ビジネスモデルが、狭い市場ではなく、広いマーケットや海外市場にも通用し、急速に広がっていくイメージ。

そのためにはビジネスモデルが重要。

でも、それだけではダメ。

強い信念が必要。

そしてそれらが全部そろってもスタートアップが成功するのは数パーセントということではないだろうか。

« 組織の未来はエンゲージメントで決まる/新居佳英、松林博文 | トップページ | 世界基準の幼稚園/橋井健司 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 企業の成長戦略が10時間でわかる本/木嶋豊:

« 組織の未来はエンゲージメントで決まる/新居佳英、松林博文 | トップページ | 世界基準の幼稚園/橋井健司 »