« 評伝 出光佐三/高倉秀二 | トップページ | 4倍速で成果を出す「チームリーダー」の仕事術/高橋恭介 »

2019年3月22日 (金)

先送りせずにすぐやる人に変わる方法/佐々木正悟

Photo リストに「やるべきこと」や「やりたいこと」を パッキングして書き出してみると、脳はワクワクします。

人生をみずから変え、好転させていける人。

それは「行動力のある人」。

人生を好転させられる人とは「すぐやる」達人のこと。

結果を出せる人は誰よりもすぐに行動している。

そのために、まず大事なことはリストに「やるべきこと」や「やりたいこと」書き出してみること。

しかし、それだけではすぐやる人にはなれない。

それは書き出した段階ではパッキング、つまり大きな塊の段階だから。

夢を紙に書く、という段階はパッキングの段階。

例えば「起業して成功する」という夢はパッキング。

これをきちんと分解して「現実化」していく必要がある。

すぐできないときは漠然と思い描くのではなく、分解していって、すぐできることを探してみること。

どんどん分解するクセがつけば自然と「すぐやる」人になれる。

すぐやれない人は、イメージが漠然としている。

そして「最初の一歩」を踏み出すための作業を「誘導タスク」 という。

この段階までいかに分解するか、

すぐやる人になるためには、「誘導タスク」をいかに作るかがポイントの一つだと言ってよい。

そして、本書ではこのような「すぐやる人」になる方法が55、紹介されている。

自分に合ったやり方で、やってみることだろう。

« 評伝 出光佐三/高倉秀二 | トップページ | 4倍速で成果を出す「チームリーダー」の仕事術/高橋恭介 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 先送りせずにすぐやる人に変わる方法/佐々木正悟:

« 評伝 出光佐三/高倉秀二 | トップページ | 4倍速で成果を出す「チームリーダー」の仕事術/高橋恭介 »