« 入社1年目からの数字の使い方/深沢真太郎 | トップページ | 組織の壁を越える/クリス・アーンスト、ドナ・クロボット=メイソン »

2019年3月13日 (水)

幹事力!/森順子

Photo 私が本当にやりたかったことはアナウンサーだったのだろうか・・・?そこで自分が本当にやりたかったことは何なのか、人生の軸を見つめ直してみました。出てきたのが「私が私の言葉で直接伝えることで、相手を前進させたり結果を創りたい」というものでした。

アナウンサーである著者はある時、人生の軸について考えたという。

軸とは何だろうか。

こんなことをやりたいという抽象的なもの。

根源的な動機からでたもの。

恐らく著者の軸とは「人と人を結ぶ仕事をやりたい」と言ったものだろう。

そこから派生したものが、ある時にはアナウンサーだったり講師の仕事だったりする。

また、本書のように「幹事力」について書くことだったりする。

軸は、そのまま伸びているものなので絶対に達成はしない。

しかし、軸に沿って生きることで自分の方向性も明確になる。

わざわざ目標を新しく作らなくても、やろうとすることが自然と見えてくる。

また、軸に沿って生きることで、同じ方向性の仲間も集まりやすくなる。

私の軸とは何だろう。

« 入社1年目からの数字の使い方/深沢真太郎 | トップページ | 組織の壁を越える/クリス・アーンスト、ドナ・クロボット=メイソン »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幹事力!/森順子:

« 入社1年目からの数字の使い方/深沢真太郎 | トップページ | 組織の壁を越える/クリス・アーンスト、ドナ・クロボット=メイソン »