« ファンベース/佐藤尚之 | トップページ | リーダーシップ・マスター/マーシャル・ゴールドスミス、他 »

2019年4月11日 (木)

「15分ミーティング」のすごい効果/矢本治

1408e6a4c0214b7a833cff9e7d94a0c4   日本企業120社を含む世界企業760社を対象に、意思決定力と企業業績や時価総額の相関関係などを調べたデータがあります。「意思決定の効率が高い企業」と「低い企業」の過去5年間の売上高成長率などを比較していますが、前者は5年前に比べ15.5%と大きく成長していたのに対し、後者は10.6%とその差は約5%もあるのです(米ベイン・アンド・カンパニー調べ/2008年)


ミーティングにしろ、会議にしろ、うまくいっていない会社に限って正しい判断にこだわりすぎて、「決断」に時間がかかり過ぎている。

今の時代は変化が速い。

唯一正しい決断もあまりない。

100%間違いのない決断なんてない。

成功するかどうかのポイントで大切なのは「質の高い実行をしたか?」だ。

本書で紹介しているミーティングでは、「短い時間」に、「少ない人数」で、「現場のスタッフ」が、「全員参加型」で会社の方向性を理解した上で、「前向き、主体的」に、「成果の出る会話パターン」を、「繰り返して定着」、が可能になる。

ステップ1(5分)未来視点からの質問全員からの提案・アイデア出し。

ステップ2(5分)出てきた質問、提案を効率よく整理して決定。

ステップ3(5分)実行力UPのためにイメージの共有や計画を立てる。

これがミーティングの基本ステップ。

大事なことは、初めてのことでも「まずやってみよう!」という組織文化を創ること。

そして「みんな協力してくれて、あれはやってよかったね」という小さな成功体験を積むこと。

非常にシンプルな手法なので、やってみる価値はあるのではないだろうか。

« ファンベース/佐藤尚之 | トップページ | リーダーシップ・マスター/マーシャル・ゴールドスミス、他 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事