« 織田信長435年目の真実/明智憲三郎 | トップページ | ゲーム理論の思考法/川西諭 »

2019年5月21日 (火)

ルポ中年童貞/中村淳彦

Photo_54

「この街は童貞だらけですよ。中年童貞って何歳からですか? 30歳以上の童貞となるとたぶん渋谷とか新宿の100倍はいる。ここはアイドル以外のリアルがない電脳の異界ですから」

国立社会保障人口問題研究所「第14回出生動向基本調査」(2010年)によると、20~24歳の未婚男性で性交経験がない人は、40.5%と前回(2005年)に比べ6.9ポイント上昇。

さらには、30~34歳の未婚男性のうち、性交経験がない人の割合は26.1%となっている。

おおよそ、4人に1人以上が童貞という計算だ。

この数値を元に計算すると、30歳以上の未婚男性はおおよそ800万人、全国に209万人の中年童貞がいることになる。

これは長野県の総人口と、ほぼ同数だ。

「出生動向基本調査」は5年ごとの調査で、性交経験のない男性はここ20年の間、上昇し続けている。

少子高齢化が社会問題となっている今、中年童貞の問題は深刻だ。

これほど大量の中年童貞は、100%近い人が結婚していた時代には現れえなかった人々だ。

1950年(昭和25年)の生涯未婚率は、わずか1.5%。

それが2010年には20.1%に跳ね上がっている。

彼らは、なぜ日本社会に生まれたのか。

例えば、秋葉原に集まってくるオタクに中年童貞が多いのは容易に想像がつく。

多くのオタクは、処女以外は人間じゃない、といった思想を持っている。

40代、50代以上のオタクは、リアルな幼女と二次元に処女を見ている。

80年代は普通に書店で幼女ヌードが売られていた。

思春期に成長途上の幼女が好きになり、児童ポルノ法で禁止されたあとは、二次元に移行する。

若い世代は最初から美少女キャラクターに処女を見ているし、求めている。

基本的にオタクの人は真面目で、一つのことに集中できる職人気質な性格。

40代、50代の人の時代は、高卒とか大卒で就職できる会社に職人気質な人が高給をとれる仕事がたくさんあった。

公務員になった人なども高給。

現在の50代が該当する80年代初期のオタクは難関大学の学生が多く、難関になるほど大学生のロリコン率も高くなる。

真面目だからちゃんと就職するし、一度入社した会社を辞めない。

転職もしない。

だから、基本的にお金はある。妻も子供も恋人もいない彼らがそのお金を使ってくれたから、秋葉原系コンテンツは急拡大していった。

このような環境が中年童貞を多く排出していった。

また、介護現場で働いている人の中にも中年童貞が多いという。

彼らは能力は低いが真面目でプライドが高い。

コミュニケーションが苦手なことを自覚して悩む高学歴系の中年童貞とは異なり、自分自身から逃げ続けていて精神年齢が低いという傾向がある。

女性に対する純粋さ、幼児性を秘めている。

そして社会からズレたまま精神的に成長することはなく、すでに完全に取り返しのつかない40代に突入すると、いつかすべてを受け入れてくれる天使のような素敵な女性が現れるという妄想が強くなる。

更に驚くことにネトウヨにも中年童貞が多いという。

今のネトウヨと中年童貞は、完全に繋がっている。

ネットにはコミュニケーション能力が低くて不満を抱えている人が多い。

自分のことはおいておいて、中年童貞のネトウヨは「こんな正義感があって立派な人間である僕が、社会に受け入れられないのはおかしい。受け入れない女はおかしい。そんなおかしい社会を変えよう」くらいに思っている。

自分自身が閉じ籠もってなにもよいことがない中で、不正とか不正義がどうしても許せない。

数年前までは左翼だったけど、今は右翼の方が正義になっている。

中年童貞はナショナリズムにすがっている。

自分が主張できることの数少ない一つとなっている。

と、このように中年童貞が生み出される背景は様々である。

戦後すぐは婚姻カップルの7割が見合い結婚だった。

半世紀で逆転現象が起き、恋愛結婚が88%、見合い結婚が8.1%というのが現在である。

結婚=セックスと考えると、半世紀前までは親や地域が介入するのが一般的だったが、その風習はなくなってしまった。

性は自由主義、個人主義となって、時代の変化によって取り残されてしまったのが中年童貞という存在なのではないだろうか。

« 織田信長435年目の真実/明智憲三郎 | トップページ | ゲーム理論の思考法/川西諭 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事