« 現代の正体/牛島信 | トップページ | センスの磨き方/トミタ・ジュン »

2019年5月 3日 (金)

自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと/四角大輔

2050

 モノが一つ増えると、自由を一つ失う。その因果関係を忘れてはいけない。

本書は必要なモノ以外、捨てることを勧めている。

モノを捨てることは20代に限らず大事なことだ。

モノは歳を取れば取るほど増えていく。

それと共にモノに縛られるようになる。

だからそうならないために20代の内に捨てることを覚えること。

そのために大切なことは「自分はなにが大好きか」をつねにハッキリさせておくこと。

また、それを人に伝え続けること。

つまり、必要なモノしか集まらない環境を作ること。

それによって自由になる。

勝負の時は、いつ目の前にやってくるかわからない。

そのときのために、どれだけ〝ミニマム・ライフコスト〟を下げられるかが重要だ。

「どうなっても、生きていける」ことを確信した瞬間、人はお金から自由になれる。

人間の脳は新しい挑戦を〝させない〟構造になっている。

だからもっとも勇気を要する〝最初の一歩〟には全行程の半分以上の価値がある。

そのためには必要なモノ以外、持たないこと。

長く生きれば生きるほど、つくづくそのことを感じる。

« 現代の正体/牛島信 | トップページ | センスの磨き方/トミタ・ジュン »

書籍・雑誌」カテゴリの記事