« 戦略的な人の超速★仕事術/西村克己 | トップページ | 決定版サイバーセキュリティ/ブループラネットワークス »

2019年6月 4日 (火)

絶対達成マインドのつくり方/横山信弘

Photo_67

 思考を「あたりまえ化」するだけで、結果的に、あなたは「どんなことでもできる」という自信に満ちあふれることになるのです。

本書のテーマである「絶対達成マインド」とは、期限内にやりたいことを達成してしまうマインドのことを指す。

「自信」と言ってもいい。

「意気込み」「やる気」「気合い」などの精神論、根性論とはまったく別のもの。

自信をつけるのに「モチベーション」は必要ない。

「絶対達成マインド」のキーワードは、なにより「自信」

目標を達成する人は「どうすれば達成できるか」を考える。

それに対して目標を達成できない人は、最初から「達成できない場合、どう言い訳するか」を考える。

目標のノルマが高いか低いかは関係がない。

目標達成が「あたりまえ化」している人は、期限まで数え切れないほど考える。

どうすれば達成するかを考える。

「朝10時にお客様を訪問する」という目標があったとする。

思考が「あたりまえ化」している人は、「朝10時にお客様を訪問する」という目標から常に逆算した行動をとる。

なので、「時間が未来から流れてくる」

しかし、「できるかぎり朝10時に行く」という人は、目標から逆算できない。

結果、「時間が未来に向かって流れていく」ので、遅刻する可能性が大きくなる。

決めたのにやりきれない、結果を達成できないのは、スキルがないからではない。

うまくいく方法を知らないからでもない。

思考が「あたりまえ化」していないことが根本的な原因。

そのためには脳のプログラムを書き換えることが必要。

脳のプログラムを書き換えるためには、「インパクト回数」が大事。

「わかっちゃいるけど状態」から「がんばる状態」へとステップアップするためには、意識の「インパクト回数」が大切。

行動を繰り返すことで「手っ取り早くうまくいく状態」にすることは誰にでもできる。

「絶対達成マインド」を身につけると、幸せになれる。

自分が幸せになれるという「自信」がつき、心の状態が安定するから。

そのためには「思考をあたりまえ化する」ことが大切ということであろう。

« 戦略的な人の超速★仕事術/西村克己 | トップページ | 決定版サイバーセキュリティ/ブループラネットワークス »

書籍・雑誌」カテゴリの記事