« 続 聞き出す力/吉田豪 | トップページ | もしアドラーが上司だったら/小倉広 »

2019年7月23日 (火)

置かれた場所で咲きなさい/渡辺和子

Photo_20190721083701

 私は変わりました。そうだ。置かれた場に不平不満を持ち、他人の出方で幸せになったり不幸せになったりしては、私は環境の奴隷でしかない。人間と生まれたからには、どんなところに置かれても、そこで環境の主人となり自分の花を咲かせようと、決心することができました。それは「私が変わる」ことによってのみ可能でした。

置かれた場所で咲くということは、現実に妥協し仕方がないと諦めることではない。

環境のせいにすることなく、その場で自分ができる最大のことをすること。

原因自分論ということをユニ・チャームの創業者、高原氏が唱えた。

環境を変えようとするのではなく、まず自分を変えること。

自分が変わったら、もしかしたら自分の接する家族、友人、同僚、部下、上司が変わるかもしれない。

周囲が変われば、もしかしたら環境が変わるかもしれない。

あくまで、原因を自分に求めるという考え方である。

どうしても咲けない時もある。

雨風が強い時、日照り続きで咲けない日、そんな時には無理に咲かなくてもいい。

その代わりに、根を下へ下へと降ろして、根を張る。

次に咲く花が、より大きく、美しいものとなるために。


環境や境遇を選ぶことはできないが、生き方を選ぶことはできる。

『「今」というかけがえのない時間を精一杯生きよう』というのが著者が本書に込めたメッセージではないだろうか。

« 続 聞き出す力/吉田豪 | トップページ | もしアドラーが上司だったら/小倉広 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事