« 経済学者の栄光と敗北/東谷暁 | トップページ | 史上最大のボロ儲け/グレゴリー・ザッカーマン »

2019年7月 4日 (木)

図解コーチング術/佐藤英郎

Photo_20190702060401

 コーチングの力点は一人ひとりの内側にある「可能性、能力、やる気、自信、自発性、アイデア」などを引き出すところにあります。すなわち、コーチングとは「教え込む」ものではなく「引き出す」ものです。


現在、多くのマネジャーは、プレイングマネジャーとして働いている。

自らもつくる人、売る人として個人目標をもち、しかも部下を育て、組織目標も達成させるという責任を担っている。

そのためには、部下が指示待ちから、自ら考え動く部下に変わる必要がある。

では、どうすれば部下の主体性を引き出し、自ら考え行動する部下を育てることができるのか。

その答えが「コーチング」だ。

コーチングとは、「その人の目標達成に向けて、自発的な行動を促進させるためのコミュニケーション」の総称。

上司の仕事は、組織目標を達成するために部下を育てること。

しかも自分よりも優秀な部下を育てることができたとすれば、それこそが優秀な上司ということになる。

部下に自ら継続的に動いてもらいたいと思うなら、指示命令で占められていたコミュニケーションを改善する必要がある。

コーチングでは上司の「指示命令」を「質問」に置き換え、部下に決定権を渡す。

質問されると人は答えを出そうとして考える。

考えれば考えるほど、意識の深い部分での気づきが多くなり、問題解決に近づくことができる。

そうすると、人は、より主体的になり、責任意識も向上してくる。

部下の主体性を引き出そうと思うなら、部下に質問をし、考える機会を与えることが効果的だ。

コーチングは今やマネジャーの必須スキルと言ってよいのではないだろうか。

« 経済学者の栄光と敗北/東谷暁 | トップページ | 史上最大のボロ儲け/グレゴリー・ザッカーマン »

書籍・雑誌」カテゴリの記事