« 経済とおかねの超基本1年生/大江英樹 | トップページ | 直観力の磨き方/ジェームス・ワンレス »

2019年8月 2日 (金)

本音で生きる/堀江貴文

Photo_20190731062501

 やりたいことを見つけて、ノリとフィーリングでチャレンジするだけ。僕が語ってきたのは、突き詰めればたったこれだけのことだ。あまりにもシンプルすぎて、事細かな成功法則を期待している人は拍子抜けすることだろう。

ホリエモンと言えば、やりたいことやり、言いたいことを言っているような印象がある。

そして失敗も多くしている。

しかし、本人は、それらは失敗ではないと思っているようだ。

チャレンジし経験を積み重ねたことが、今のホリエモンを作っているのであろう。

些細なことでよいから、常に小さなチャレンジを行ない、少しずつ少しずつ成功体験を重ねていく。

比べるべきは、過去の自分。

自分の成長を実感できれば、それが自信になる。

諦めずに成功体験を重ねていけば、ある日突然大きく成長する時が必ずやってくる。

やりたいことをやって成功する人は「リスク」をあまり考えていない。

やる前から「成功するかどうか」「失敗する確率はどれだけか」なんて考えていたら、結局、いつまでたっても、実行には移せない。

どこまでいっても「成功するかどうか」は、やってみないとわからないものだからだ。

実現可能性をまず考えて尻込みするような人間は、リスクをとらないこと自体が最大のリスクだということに気づいていない。

こうして結局、小利口な人ほど、成功から遠ざかる。

考えすぎてしまう人間は、いつもチャンスを逃す。

つまるところ、「小利口」が一番よくない。

あれこれとまことしやかに考えて、結局動けずにいる。

きちんと考えられるならまだしも、その多くの考えは、自分の「プライド」を守るための言い訳だったりする。

安定を求めることは、リスクだ。

その場に留まり続けることは、同じ状態でい続けることではなく、劣化していくということ。

このようなホリエモンの生き方と考え方、成功する人共通のものだ。

ただし、誰もがマネできることでないこともまた事実であろう。

« 経済とおかねの超基本1年生/大江英樹 | トップページ | 直観力の磨き方/ジェームス・ワンレス »

書籍・雑誌」カテゴリの記事