« 50代から強く生きる法/佐藤伝 | トップページ | プロサッカー監督の仕事/森保一 »

2019年9月27日 (金)

言い方ひとつで!生き方が180度変わる「ことばのチカラ」/松はるな

180

 同じ意味を伝えるにしても言い回しを変えた前向きことばをつかうことで、ポジティブな意味として伝えることができるのです。

ネガティブな言葉ばかりを選んでしまうと、全体的にマイナスな印象になってしまい「あの人と話すといつも嫌な気持ちになるな」と敬遠されることになりかねない。

逆に、ポジティブな言い回しに変身させて伝えることができれば「あの人と話すと晴れやかになれるな」と前向きな印象を与えることができる。

誰でも、前向きな印象の人と話したいもの。

何気ないひとことであっても、その言葉を聞いた人に与える印象は自分が思っている以上に大きい。

自分では無意識に伝えた言葉が、相手にとってネガティブな印象になったり、失礼になったり、場合によっては傷つけてしまうこともある。

そんな言葉をつかってばかりでは「あの人と話すと嫌な気分になる」と敬遠される可能性もある。

できれば「話すたびに楽しい気持ちになれる人」と思われたいもの。

ネガティブな言葉、率直すぎる言葉を「やわらかくポジティブな印象」に変えるためには、どのような表現に変身させればいいのか。

そのためには、ネガティブ言葉をポジティブ言葉に言い換えること。

また、その技術を身につけること。

たとえは、「遠慮がない」は「物怖じしない」「度胸がある」に言い換えることができる。

「緊張感がない」は「いつも自然体」「リラックスしている」に言い換えることができる。

同様に、

八方美人・口がうまい → フレンドリー・コミュニケーション力が高い

うるさい・騒々しい → 元気がある・バイタリティーがある

人見知り・口下手 → 誠実・思慮深い・奥ゆかしい

落ち着きがない → 活気がある・行動力がある

飽きっぽい → 好奇心が旺盛・興味の幅が広い

不器用 → 地道に一生懸命努力する

太っている → 安心感がある・存在感がある・グラマー

痩せている → スタイルがいい・スマート

気まぐれ → 気持ちの切り替えが早い

空気が読めない人 → 自分の世界を持っている人

派手な人 → 華やかな人・印象の残る人

マニアック → 物事を極める人

無愛想 → クール・寡黙な人

堅苦しい → 真面目・きちんとしている・凛としている

優柔不断な人 → 何事にも慎重な人

世間知らず → 純粋な人・心がキレイ

要領が悪い → ずるいことができない・誠実

平凡 → 手堅い考え・定番だけど大切

失敗 → 勉強になった・成長のためのよい材料・素晴らしい経験

このようにほとんどのネガティブ言葉はポジティブ言葉に言い換えることができる。

この技術を身に着け実行するだけで、人間関係はずいぶん変わるのではないだろうか。 

« 50代から強く生きる法/佐藤伝 | トップページ | プロサッカー監督の仕事/森保一 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事