« 働き方の損益分岐点/木暮太一 | トップページ | 仕事が早く終わる人、いつまでも終わらない人の習慣/吉田幸弘 »

2019年10月 5日 (土)

奇跡を呼ぶ!無敵のスポーツメンタル/加藤史子

Photo_20191003063801

 現実は、二度つくられます。最初は、頭の中でつくられるのです。次に実際に現実としてつくられるのです。

今、世界ラグビーや世界陸上が行われている。

その中でメンタルの問題が取り上げられることがよくある。

メンタルがスポーツの勝敗を決めることは多い。

何を信じているのかというビリーフがすべてを決めているといって良い。

なりたい自分になるためには、何を信じることが必要なのかと考えを変えることだ。

プラスに作用するビリーフには、「やればできる」「可能性は充分ある」「人は成長するもの」「~しても大丈夫」などがある。

マイナスに作用するビリーフには「何をやってもダメ」「可能性はない」「また失敗するかも」というものがある。

ところが多くの場合、自分がどのようなビリーフを持っているか、気づいていない。

自分でさえ気づいていないビリーフがすべてを決めているのである。

メンタルブロックという言葉がある。

制限をつくっているのは自分自身の認識だということである。

そして、そのメンタルブロックが現実の限界を作る。

だから、自分が持っている制限つまりメンタルブロックを変えると現実も変わりだすのである。

「私はできる」と思えるかどうかの違いが、到達するところの違いを生み出す。

自分をどのような人間だと思い込んでいるのかというラベルを貼りかえて、最強のラベルにつけ変えるだけで、現実も大きく変わりだす。

私はどんなビリーフをもっているのだろう?

それをまず知ることだと思う。

« 働き方の損益分岐点/木暮太一 | トップページ | 仕事が早く終わる人、いつまでも終わらない人の習慣/吉田幸弘 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事