« 「儲かる会社」の財務諸表/山根節 | トップページ | 会計士は見た!/前川修満 »

2019年10月24日 (木)

人はなぜ物語を求めるのか/千野帽子

Photo_20191022075801

 人間は、時間的前後関係のなかで世界を把握するという点で、「ストーリーの動物」です。

「ストーリー」は人間の認知に組みこまれたひとつのフォーマットである。

人は「世界」や「私」をストーリー形式で認識している。

ニュースを読むアナウンサーの言葉、落語を話す落語家の言葉、新聞記事や小説の字面は、いずれもストーリーを伝えているという意味で、物語である。

世界にたいする「なぜ」という問と、それへの回答とが、ストーリーのストーリーらしい滑らかさを生む。

因果関係が明示されると、なぜ物語として滑らかな感じがするのか。

それは、できごとが「わかる」気がするから。

できごとの因果関係を「わかりたい」のが人間である。

人間とは、世のなかのできごとの原因や他人の言動の理由がわからないと、落ち着かない生きもののようだ。

「説明が正しいかどうか」よりも、また「その問が妥当かどうか」よりも、私たちはともすると、「説明があるかどうか」のほうを重視してしまう。

ストーリーでそこを強引に説明してしまうことがある。

人間は生きていると、ストーリーを合成してしまう。

生きていて、なにかを喜んだり楽しんだり、悲しんだり怒ったり、恨んだり羨んだりするのは、その「物語」による意味づけのなせるわざ。

人間は物語を聞く・読む以上に、ストーリーを自分で不可避的に合成してしまう。

これが本書の主張。

確かにその通りだと思う。

« 「儲かる会社」の財務諸表/山根節 | トップページ | 会計士は見た!/前川修満 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事