« なぜ崎陽軒のシウマイは冷たいのに売れるのか?/中山マコト | トップページ | 『ブランディング』/山口義宏 »

2019年11月29日 (金)

その『1分』を変えなさい!/後藤勇人

Photo_20191127064301

 まず何かをやると決めたら、朝1分間のワークで、時間を最初に作り出す作業をし、やりたいことを実行しましょう。この発想を持つとどんなことでも本気のものなら、ほとんどのことが実行可能になります。

夢が叶わなかったり、目標が達成できなかったりする最大の理由は何か?

それは、目標を忘れてしまうこと。

だったら目標を書き出し、毎朝読み上げればよい。

仮に「赤い洋服の女性を探す」という目標を紙に書き出して、毎朝読み上げ脳にインプットしたとする。

これを毎日読み上げると、この目標は潜在意識レベルまで落とし込まれる。

すると、この行為は無意識レベルでも作動し、情報収集を始める。

すると「赤い洋服の女性」を探そうと思わなくても、自然に目に留まるようになる。

結果、目標を達成できる。

本書で言っていることはこのことである。

具体的には、理想の自分を書き込んだ紙を壁に貼り、朝1分のワークで読み上げるということ。

目的は、脳をナビゲーションに見立てて、目的地、つまり、理想の自分を脳に目的地として設定してあげること。

自分で決めてしまえば、現実はそのようになる。

自分でできないと心の中で思えば、できない現実が目の前に現れる。

できると決めれば、できる現実が目の前に現れる。

未来は決まっていないのだから、未来を決めるのは、頭の中にある思考だ。

この思考が未来の設計図となる。

簡単なことなので、実行してみる価値はあると思う。

« なぜ崎陽軒のシウマイは冷たいのに売れるのか?/中山マコト | トップページ | 『ブランディング』/山口義宏 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

井上労務管理事務所

無料ブログはココログ