« プラットフォーム革命/アレックス・モザド、ニコラス・L・ジョンソン | トップページ | 新・臨床心理学事典/石川勇一 »

2019年12月20日 (金)

人生が変わる最高の呼吸法/パトリック・マキューン

Photo_20191218063901

 簡単な方法で、高地トレーニングと同じ効果を上げることができる。その簡単な方法とは、「鼻呼吸」だ。日常生活や、本書で紹介するエクササイズを行うときに、口を閉じて鼻だけで呼吸していれば、高地と同じ酸素の少ない状態を再現できる。鼻呼吸だけで強度の高いエクササイズを行うと、たしかにかなり息苦しさを感じるだろう。しかしその息苦しさこそが、効果が上がっている証拠だ。

本書で言っていることは、私たちは呼吸によって酸素を取り入れすぎているということ。

それによってすぐ疲れる体になってしまっている。

大事なことは鼻呼吸を身につけ、呼吸量を調整すること。

食べ物や水に適正量があるのなら、空気にもあってしかるべき。

特に重要なのは二酸化炭素の量の調整。

二酸化炭素は、血中の酸素が体内に取り込まれる量を決めるという、重要な役割を果たしている。

二酸化炭素のこの働きは、「ボーア効果」と呼ばれている。

このボーア効果を理解して活用することが、正しい呼吸を身につけるカギになる。

ボーア効果はすでに100年以上も前に発見されていて、血中の酸素が筋肉や臓器に送られるメカニズムを説明している。

正しく呼吸すれば、血中の二酸化炭素が増え、筋肉や臓器に送られる酸素の量も増える。

その結果、運動機能も向上する。

つまり正しく呼吸すれば、体に本来備わっている機能を十分に活用できるということだ。

意外に思うかもしれないが、正しい呼吸で大切なのは、酸素ではなく、二酸化炭素だ。

呼吸のペースと量を決めているのは、脳の中にあるサーモスタットのような機能で、サーモスタットが暖房の温度を調節しているように、脳も呼吸を調節している。

サーモスタットは温度を監視しているが、この脳の中にある受容体が監視しているのは、血液の中にある「酸素と二酸化炭素の量」と、「血液の酸性度(pH値)」だ。

血中の二酸化炭素濃度がある一定の値を超えると、脳の受容体はそれを感知して、呼吸をして余分な二酸化炭素を排出しなさいという命令を出す。

言い換えると、呼吸のいちばんの目的は、体内にある余分な二酸化炭素を排出することだ。

ここでいちばん大切なのは、ヘモグロビンが体内に酸素を放出するのは、血中に二酸化炭素があるときだけだということだ。

呼吸過多の状態になると、吐く息が多すぎるので、肺、血液、組織、細胞の中の二酸化炭素が適量よりも少なくなる。

二酸化炭素は、呼吸、血流、筋肉への酸素の放出だけでなく、正常なpH値を保つうえでも重要な役割を果たしている。

簡単にいうと、体内の二酸化炭素が、私たちの健康状態を決めているということだ。

正しく呼吸すれば、体内の二酸化炭素も適正量になり、体の各部位が正しく機能する。

そして運動時に、最高の体力、持久力、パフォーマンスを達成できる。

そのためのカギは正しい鼻呼吸を身につけること。

人間の鼻は呼吸のためにあり、口は食事のためにある。

生まれたばかりの赤ちゃんは、みんな鼻呼吸だ。

本書ではそのために様々なエクササイズが紹介されている。

中でもすぐ実行できそうだなと思ったのは、自転車を漕ぎながら息を止めるエクササイズ。

①体が温まったら息を吐いてから息を止める。息を止めたまま5〜15回ペダルを漕ぐ

②鼻で呼吸を再開し、鼻呼吸をしながら1分ほど自転車を漕ぐ

③自転車を漕ぎながらこのエクササイズを8回から10回くり返す

まずこれをやってみようと思う。

« プラットフォーム革命/アレックス・モザド、ニコラス・L・ジョンソン | トップページ | 新・臨床心理学事典/石川勇一 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事