« おもしろい伝え方の公式/石田章洋 | トップページ | 任せる力/真藤昌瑳熙 »

2019年12月 7日 (土)

プレゼンは声!/白石謙二

Photo_20191205063201

 ぼくはつねづね、「声に気を配らない人は、破れた財布をもち歩いているのと同じ」といっていますが、話の内容がすぐれていても声の印象が悪ければ、せっかくの価値が損なわれてしまいます。まるで破れた財布からお金が落ちていくように、日々、知らないところで損をしつづけているわけです。

「声」によって損をしている人は意外と多いと著者はいう。

問題はそのことに無自覚なこと。

逆に「声」によって得をしている人もいる。

例えばトップセールスマン。

彼ら、結果を出している人たちは、感じがいい。

それも、自然な笑顔が共通している。

笑顔で話すと表情筋が動くので、音色がやわらかくなる。

やわらかい声は、警戒心を解かせる効果があるので、話しかけられたほうは、つい「この人のいうことなら、聞いてみようかな」という気になってしまう。

どうすれば自然な笑顔、自然な声が出せるのか。

著者は、あるトップセールスマンから、その極意を教わったことがあるという。

それは、「ずっと会いたかった恋人にやっと会えたような気持ちで、声をかける」こと。

そういう気持ちで接すれば、自然と笑顔になり、自然とやわらかな声になるというのである。

これは、初対面の人に会うときに、かならず役に立つメソッドだ。

ぜひ覚えておいきたいものである。

« おもしろい伝え方の公式/石田章洋 | トップページ | 任せる力/真藤昌瑳熙 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

井上労務管理事務所

無料ブログはココログ